あと一箱でチャンピックス

福井県の病院で禁煙できなかった人をチャンピックス治療

禁煙グッズは東急ハンズでも売られています。
例えば禁煙パイポというのがあります。
何十本かの単位で1セットになっていまして、だんだんニコチンの量が少なくなっていくという仕組みです。
あるいは電子たばこです。
外見的にはまるで本物を吸っているようですが、ニコチンはなく、水蒸気を吸ったり吐いたりしているだけです。
これらのものですっぱりたばこをやめられるならよいのですが、長年たくさん吸ってきてニコチン依存の中毒になっているような人は、東急ハンズで売っているような禁煙パイポ方式で1セット吸い終わったからといってそこで終了できるとは思えませんし、電子たばこで満足できるとは思えません。
東急ハンズのグッズでやめられない人は、自分がニコチン依存症という病気の段階だとしっかり自覚して、病院を訪れて治療を受けることが不可欠です。
禁煙の運動に力を入れている自治体の一つに福井県があります。
福井県では県のサイトだけでなく「医療情報ネットふくい」という、緊急時に病院を検索できるサイトを立ち上げていますが、その中で禁煙外来を設置しているところを探せるように工夫されています。
さらに福井県医師会としても医師や関係者が禁煙に取り組むように宣言するなど、積極的に禁煙活動をしているので、県内で禁煙外来に取り組むところが大変多くなっています。
その中でも特に有名なのが福井済生会病院です。
ここでは2006年にチーム医療で禁煙にのぞむことを始めてから10年を迎え、中心として活動している先生は20年にわたってこの活動をしています。
この病院のサイトではチャンピックスなどの薬を写真で紹介もしています。
飲み薬のチャンピックスを計画的に服用することが大切ですが、このように長く禁煙外来を行なっている病院でチャンピックスを用いて治療を受けることで、しっかりと禁煙を行なうことができます。