あと一箱でチャンピックス

チャンピックス処方の青梅市外来と心筋梗塞

禁煙治療が可能な青梅市外来は、インターネットで調べると治療が可能になる病院を探し出す事が出来ます。

青梅市外来は、禁煙治療を専門に行う診療科でもある禁煙外来の在る病院であり、検索を行う時には「青梅市外来」だけではなく、「禁煙」と言ったキーワードを追加して、「青梅市禁煙外来」と言った形で検索を行う事で、青梅市内の禁煙外来のある病院施設を探し出す事が出来ます。

禁煙外来と言うのは、禁煙をしたい人が通院する病院で、専門医による禁煙指導やアドバイス、そして禁煙補助剤でもあるチャンピックスの処方をしてくれる診療科です。

喫煙者は非喫煙者と比較をすると肺がんのリスクがとても高くなると言います。
煙草には害が在ることが表記されているのですが、パッケージを見ると「心筋梗塞」、「肺がん」、「胎児の発育障害や早産」と言った注意事項が記載されています。
尚、煙草の銘柄によりこれらの表記は異なるのですが、煙草は害が在ると言う表記が行われている事には変わりが在りません。

因みに、「心筋梗塞」と言う表記は従来「脳梗塞」と言った表記になっていたものが変わったと言います。
これは喫煙者の中で心筋梗塞を発症するリスクが多いため、表記が変わったわけですが、心筋梗塞、脳梗塞、肺がんなどの病気を発症させる可能性がとても高い事には変わらないわけです。

チャンピックスは一人では禁煙が出来ない人をサポートしてくれる医薬品です。
12週間チャンピックスを服用する事でニコチンに対する依存度を下げてくれるので禁煙に成功する確率が高くなると言います。
煙草を止めることが出来ない理由の一つにニコチン依存が在るのですが、チャンピックスはニコチンなどが含まれていない医薬品ではあるのですが、快感物質でもあるドーパミンを分泌させる作用が在り、ニコチン依存を抑える効果を持つと言います。