あと一箱でチャンピックス

チャンピックスはどのくらいで禁煙できる?

禁煙を目指す上では誰もがまずは自力でやめられないかと試してみるものです。
禁煙を決意してタバコを捨てたとしても、何日かするとだんだんとイライラが溜まってきてしまって我慢ができなくなり、一本だけならと思ってタバコを買ってしまう場合も多いのが事実です。
そして、一本吸ってしまうとそれがきっかけとなってもう一本となってしまい、ついに禁煙に失敗してしまうということになります。
そういう苦労をする人が多いことから多数の禁煙方法が開発されてきましたが、医療面からも禁煙の重要性が認識されてきたことにより、チャンピックスという禁煙補助剤を用いる禁煙治療が行われるようになってきました。
タバコに対する依存症の原因となっているニコチンに対して依存があると診断された場合には保険適用でチャンピックスを用いる治療を受けることが可能です。
保険治療ということもあってその治療方法も確立された方法があり、一般的にはその方法に従って治療が進められます。
全体としてかかる治療期間は12週間というのが基本となりますが、最初の一週間は喫煙ができるということが特徴的な治療方法です。
最初の一週間はチャンピックスの服用量を少しずつ増やしながら喫煙を続け、二週間目からチャンピックスの増量を行うとともに完全に禁煙をして合計12週間の服用を行うというのが基本的な治療です。
禁煙をスタートできるという観点からは治療からわずか1週間で禁煙生活を始めることが可能であり、強い意志を持ってタバコに手を出さない生活を続けられれば12週間後にはタバコがなくても生活できる状態になることができます。
また、服用を続けているうちにタバコを吸えないことのつらさも軽減されていくことから禁煙に向けて続けやすいのがチャンピックスによる治療の特徴となっています。