あと一箱でチャンピックス

チャンピックスの服用方法

チャンピックスは禁煙補助のために開発されて承認された医薬品です。
病院の禁煙外来を受診してニコチンに対する依存があるという診断を受けた場合には保険適用で治療に用いることが可能であり、長期間の服用となってもあまり大きな費用負担なく利用できるといいうメリットがあります。
保険治療の方法は詳しく定められており、チャンピックスの服用方法やその間のタバコとのつきあい方までを正しく理解して治療を行っていくことが大切です。
基本的な枠組みとしては12週間の服用によって禁煙を達成するという目標設定となっており、最初の1週間でチャンピックスという薬へ身体を慣らすこととタバコを吸うことへの魅力を減らし、2週間目から禁煙を開始するというものです。
最初の一週間はチャンピックスを服用しながらタバコを吸ってもよいという条件で開始します。
服用量は1日目から3日目までは0.5mg錠を一日一回一錠、4日目から7日目までは0.5mg錠を朝晩一日二回一錠ずつを用います。
この間にタバコを吸わなくても良いと思えれば少しでもよいから減らしていくように心がけます。
チャンピックスを服用するとタバコにより得られる満足感が減るため、この期間に禁煙を開始できる患者も少なくありません。
そして、8日目からは完全に禁煙をした上で、1mg錠を朝晩一日二回一錠ずつを服用していきます。
これを通算して12週間続けることによって徐々にタバコがいらないと思えるように体質を改善していくことが可能です。
だんだんとタバコへの魅力が失われていくことによって服用しなくてもよいと考えてしまったり、飲み忘れをしてしまったりする場合もありますが、それが禁煙失敗につながるので必ず服用を最後まで続けることが大切です。