あと一箱でチャンピックス

ニコチンの代替のような役割のチャンピックス

タバコをやめたいという人がなかなか禁煙を達成することができない大きな理由として、タバコの成分の一つであるニコチンに対して依存性を持ってしまっているからということがよくあります。
ニコチンは脳内にあるニコチン受容体に対して作用することによってドーパミンの放出を促します。
そして、ドーパミンの作用によって喫煙者は精神的な安定や心地よさ、満足感などを得ることができるのです。
その刺激に対して依存性が生じてしまっていると相当に強い意志がなければ禁煙を達成することができないのです。
それを補助する目的で開発された医薬品がチャンピックスであり、ニコチンの代替のような役割をすることによって禁煙を助ける役割を果たします。
ニコチンガムなどとは異なり、チャンピックスにはニコチンそのものは含まれていません。
チャンピックスにはバレニクリンという成分が含まれており、それがニコチン受容体にニコチンと拮抗するようにして作用することで禁煙の補助を行っています。
バレニクリンはニコチン受容体に強く結合することに加えて、結合してもわずかな量のドーパミンしか放出させないことから、タバコを吸ったとしてもニコチンを介した精神的な刺激がほとんど得られない状況を作り出すことができるのです。
また、わずかに放出されたドーパミンによって禁煙に伴うイライラや不安などを軽減することができることから、ただニコチン受容体を遮断してしまうよりも効果的に禁煙を促すことができるのです。
ニコチンの代替となるバレニクリンを成分として使うことでニコチンを減量していくことと類似した状況を作り出すことができ、徐々にニコチンへの依存性を弱めていくことができるのです。